車査定マニュアル

トップ > 車売却に関する疑問 > 乗らなくなった車は廃車と売却どっちが得?ボロボロの車でも高く売れる?

乗らなくなった車は廃車と売却どっちが得?ボロボロの車でも高く売れる?

愛車を手放す際、車を売却した方がよいのか、それとも廃車にした方が得をするのか、判断がつかないことがあります。特に古い車の場合、「そんなに値はつかないだろうから、廃車にした方がいいかな」と迷ってしまうものです。

基本的に、車がボロボロの状態だと売却しても査定額0円となりがちですが、だからといって安易に廃車にすると損をすることがあります。そこで本記事では、廃車と売却のどちらが得をするのか、独自の観点から詳しくお伝えしていきます。

廃車と売却はどう違うの?

乗らなくなった車を手放す場合、主な手段は2つあります。1つは廃車、もう1つは売却です。まずは、それぞれの概要について詳しく見ていくことにしましょう。

廃車について

廃車とは、一言でいうと車を解体して処分することを指します。解体業者に直接依頼することもできますが、ディーラー下取りや車買取業者への売却時に「車に価値がないため値が付かない」と言われ、廃車にすることも少なくありません。

ちなみに、「車を解体して処分する」といっても、再利用が可能なパーツ、部品、装備品、鉄などの有価資源は中古品として再販されたり、再利用されることがあります。

また、車を破砕したときに出たシュレッダーダスト(プラスチックのくず等)、フロン類、エアバッグ類は、専門の業者や自動車メーカー、輸入業者に引き渡される仕組みです。

売却について

売却とは、文字通り車を売ることです。一般的に、売却方法は2つあります。1つは新車購入を条件にディーラーに買い取ってもらう方法。もう1つは、車買取業者に買い取ってもらう方法です。

【関連】今さら聞けない車の下取りとは?「下取り」と「買取り」は何が違う?

ディーラー下取りに関しては、売却金を現金で受け取ることはなく、新車価格から値引きされる仕組みとなっています。

なお、一つだけ押さえておきたいことがあります。「下取り額=車の価値」ではないということです。ディーラーの本業は、新車の販売です。下取りする車に全く値が付かない場合でも、新車の購入につながるのであれば、下取りで値をつけることがあります。

また、本来は値が付かない車を下取りしたときは、買い取った中古車を再販せず、廃車にしてしまうことがあるようです。

一方、車買取の場合ですが、売却金を現金で受け取ることができます。受け取ったお金は、新しい車の購入費用にしても良いですし、自由に使っても問題ありません。

また、買い取られた車は、中古車オートオークションへの出品、自社での再販、海外への輸出など、業者によって対応は様々です。中古車市場相場、オートオークション相場が査定額に反映されるため、下取りよりも高値で売却できることが大半となります。

ちなみに、個人売買で車を売ることも可能ですが、契約手続きに手間が掛かったり、後々トラブルとなるケースが目立ちます。車のことに詳しくないのであれば、個人売買で売却しない方が賢明です。

【関連】車を知人や友人に売却する際の注意点と必要な手続き - 値段の決め方なども解説!

廃車や事故車でも買い取ってもらえる理由とは?

買い取ってもらえない車とは、たとえば、年式が古い、過走行、事故車などが挙げられますが、そのような車はほぼ値が付きません。しかし、査定額が0円だったとしても、車を引き取ってもらえたり、買い取ってもらえることがあります。

このようなことが起こる理由は、主に以下の3つです。

海外では高く売れることがあるから
まだ使えるパーツ、部品は再販できる可能性があるから
鉄などの廃材は高値が付きやすいから

つまり、何らかの形でまだ値がつく可能性があることから、買い取ってもらえるケースがあるということです。

廃車手続きは2パターンに分かれる

廃車の手続きは、2つのパターンに分かれます。一時抹消登録と、永久抹消登録です。それぞれの概要について、詳しく見ていくことにしましょう。

一時抹消登録

長期に亘って車を使わないものの、まだ手放したくないときは「一時抹消登録」を行います。一時抹消登録を行うと、公道を走ることはできませんが、自動車税や自動車重量税、自賠責保険の還付金を受け取ることが可能です。(残存期間があるときのみ)

また、改めて車を使いたくなったときは、陸運支局に車を再登録し車検を受けると、公道を走ることができるようになります。

永久抹消登録

今後、車を使用する予定がなく全く値が付かないときは、永久抹消登録を行います。永久抹消登録を行うためにはいくつかのルールがあるため、以下で簡潔にお伝えします。

必ず車を解体しなければならない
解体後、解体業者から「解体証明書」を受け取る
解体業者から「移動報告番号」「解体記録日」を教えてもらう
陸運支局で永久抹消登録を行う

廃車の手続きは、完了までに数カ月ほどかかることがあります。最も時間が掛かるのは、「③解体業者から『移動報告番号』『解体記録日』を教えてもらう」のところです。

なお、陸運支局で行う抹消登録手続きは、自ら対応することもできます。しかし、わざわざ陸運支局まで足を運ぶことは手間ですので、解体業者や車の売却先に代行してもらった方がスムーズです。

廃車にかかる費用ってどのくらい?

基本的に、自走で解体業者などに車を持ち込むことができる場合、解体費用は一切掛からないケースがほとんどとなります。

なぜなら、2005年に施行された自動車リサイクル法に基づき、すでにリサイクル料を支払っているため、解体費用は掛からないようになっているからです。

また、解体費用が掛からないばかりか、鉄、部品、パーツ、装備品などを買取ってもらった結果、最大で30,000円前後ほど受け取れることがあります。

上記の情報だけでは、廃車に掛かる費用が曖昧ですので、もう少々詳しく見ていくことにしましょう。

国産の軽自動車の場合
リサイクル料金は、おおよそ7,000~8,000円ほどです。解体業者に車を引き取ってもらうときは、距離に応じて別途費用が掛かります。平均で10,000円ほどは掛かるようです。
国産の普通車の場合
リサイクル料金は、おおよそ8,000~10,000円ほどです。車を引き取ってもらうときは別途費用(約10,000円)が掛かります。
国産の大型車の場合
リサイクル料金は、16,000~20,000円ほどです。車を引き取ってもらう場合は、別途10,000円ほど掛かります。
海外の車の場合
リサイクル料金は、15,000~16,000円ほどです。上記4車種同様に、車を引き取ってもらうときは別途10,000円ほどの費用が掛かります。

なお、上記の廃車費用は、あくまでも自分で抹消登録手続きを行ったときに掛かる金額です。抹消登録の手続きを解体業者などに代行してもらう場合、上記以外にも抹消登録の費用として2,000~10,000円ほど発生します。

廃車と売却を徹底比較!どっちがお得!?

結局のところ、廃車と売却のどちらを選択した方がお得になるのでしょうか。両者を比較しながら、詳しく見ていくことにしましょう。まずは、以下の表をご覧ください。

比較ポイント 車の廃車 車の売却
依頼する業者
廃車買取専門業者、または廃車手続代行業者
・カーネクスト
・廃車王
・廃車ドットコム
など
車買取業者
・ガリバー
・ビッグモーター
・アップル
など
戻ってくる金額
業者によって異なる 車のコンディション、市場相場、売却先の業者などによって異なる
購入して5年以内
特に故障していない場合、廃車にすると損をする可能性が高い 廃車にするよりも値が付きやすい
10万km以上走っている
不人気車であれば売却より有利 海外で需要のある車種(ワゴン・SUVなど)なら高値で売れる
メリット ・自動車税、自動車重量税の残存期間によっては還付金がある
・鉄くず、オプション装備品などに値が付くことがある
・廃車手続きを代行してもらえる
・業者ごとの相場はほぼ変わらない
・3社ほどの業者を競合させると値を吊り上げることができる
・売却時に必要となる手続きをすべてお任せできる
・1週間ほどで入金される
・車を乗り換える場合、売却金を次の車の頭金にできる
デメリット ・自力で手続きする場合、手間と時間が掛かる
・売却した方が得をすることがある
・1社のみに査定を依頼すると、安く買い叩かれやすい
・競合させないと愛車の相場は分からない
・車の状態によっては、ほぼ値が付かないことがある
ページトップへ戻る