車査定マニュアル

トップ > 車の一括査定 > 車一括査定の電話は本当にしつこい?上手な断り方と対処法

車一括査定の電話は本当にしつこい?上手な断り方と対処法

「一括査定サイトが便利なのは知っているけれど、しつこい電話営業があると聞いた」という人は少なくないようです。確かに、車一括査定サイトに関するそのような噂は多いのですが、実際のところはどうなのでしょうか。

そこで本記事では、車一括査定サイトの営業電話について取り上げながら、車一括査定サイトの電話営業の実態、なぜしつこく電話が掛かってくるのか、しつこい営業電話の上手な断り方など、詳しく解説していきます。

一括査定申し込み後は業者からしつこく電話が掛かってくるって本当?

ネットを使って一括査定サイトの口コミを調べてみるとすぐに分かりますが、一括査定申し込み後に業者からしつこく電話が掛かってくるという話は事実です。

大手の買取業者の中には、申し込み直後に即折り返しの電話が可能な専用システムを導入していることがあるため、数秒で電話が掛かってくることもあります。

また、上記のようなシステムを導入していない買取業者であっても、数分程度でしつこく電話を掛けてくるケースが大半です。

ただし、いつでも電話が掛かってくるわけではありません。ほとんどの買取業者や一括査定サイトが加盟している「日本自動車購入協会(JPUC)」では、会員行動基準を定めており、午前9時から午後20時以外の時間帯に電話連絡や訪問することを禁止しています。

そのため、上記の時間帯にしつこく電話が掛かってくるようなことはないのです。つまり、厳密にいうと、買取業者からしつこく電話が掛かってくるのは、午前9時から午後20時までだといえます。

どれくらいの業者から電話が掛かってくるの?

たくさんの電話が掛かってくるとはいえ、一体どのくらいの件数が掛かってくるのでしょうか。結論から先に言いますと、居住地区によって件数は異なるようです。

首都圏や都市部などの人口が多い地域は、6社から10社ほど。人口が少ない地域は、1社から3社前後くらいが目安となります。地方地域の場合、買取業者の件数が少ない傾向にあるため、電話が掛かってくる件数も少なくなるようです。

また、一括査定サイトによっては、査定を依頼する業者を自ら選択できることもありますが、指定することができなかったり、指定できたとしても査定を依頼していない業者から電話が掛かってくることもあります。

電話に出るまで掛け続けてくるため、着信件数だけで1日あたり数十件から100件を超えることも少なくありません。

車一括査定申し込み後に電話がたくさん掛かってくる理由とは?

そもそも、なぜ車一括査定申し込み後に、たくさんの電話が掛かってくるのでしょうか。表向きの理由は、概算査定額を伝えるためだったり、出張査定のアポイントを取るためだったりします。

概算査定額に関しては、必ずしも教えてもらえるとは限らないため、ほとんどの電話の内容は「出張査定のアポイント」だと考えておいて間違いありません。

【関連】車の出張査定の流れとよくあるトラブルについて

ただし、先に述べた通り、出張査定のアポイントは表向きの理由です。出張査定のアポイントだけが目的であれば、しつこく電話を掛けてくる必要はないといえます。

本当の理由は、「最初に電話に出た買取業者に売却する顧客が多いため、なんとしても最初に電話に出てもらいたいから」なのです。

買取業者は、できるだけ安く車を買い取って、高値で再販したいと考えています。他社の査定額と比較されてしまうと、安く買い取ることはできません。

そのため、真っ先に査定を行って、契約に結びつけたいことから、出張査定のアポイントが取れるまでしつこく電話を掛けてくるのです。

しつこい営業電話の上手な断り方について

一括査定サイトは車を売却する際に使うと便利ですが、しつこい営業電話は避けたいものです。車の査定を依頼した業者からの電話を無視すると、電話に出るまで掛かってくるためしっかりと断るようにしましょう。

そこでこの項では、車査定サイトを利用したあと、しつこい営業電話が掛かってきた際の上手な断り方について詳しく見ていくことにします。

車の買い替えを中止したと伝える

一番オーソドックスな断り方です。「車の買い替えを中止する」という話は珍しくないため、そのあとしつこく電話が掛かってくることはありません。

買い替えを中止した理由を質問されたとしても、答える必要はないためそのまま電話を切ってしまいましょう。

家族や友人に譲ったことにする

家族や友人に譲ったと伝える方法も一つです。その際、いくらで譲ったのか聞かれたとしても、「家族もしくは友人なので無料で譲った」と答えてください。

このときに「○○万円で譲った」と言ってしまうと、「うちの店が買取ったらもっと高値をつける」などといったセールストークが始まってしまうため注意しましょう。

他の買取業者に売却したと伝える

査定を依頼する前の段階であれば、二重契約とはなりませんので、「もう他の買取業者に売ってしまった」と伝えて問題ありません。ただし、売却金額や売却したお店の名前は伝えないようにしましょう。

ここで正直に回答すると、「契約を破棄してもらえればもっと高く買い取る」などと更にしつこく営業電話を掛けてくることがあるようです。すでに車はないことを伝えて、はっきりと断りましょう。

家族に相談しないと決めることができないと伝える

「最終的な決定権は自分にあるものの、家族に相談しないと勝手に決めることはできない」と言った上で、査定を依頼する際は改めて連絡することを伝えましょう。

その後、電話が掛かって来た際は「家族に反対されたので売却できなくなった」と話せば問題ありません。余程の悪徳業者ではない限り、家族の反対にあったと聞けば、以降電話を掛けてくることはないものです。

キャンセルの代行を行っている一括査定サイトを利用する

かんたん車査定ガイドやズバット車買取などの一部の一括査定サイトでは、キャンセル専用窓口を設置しています。このようなサイトを利用すると、自分でキャンセル連絡をする必要はありません。

専用窓口に依頼してキャンセルをお願いすれば、営業電話を止めることができます。窓口への問い合わせ方法は一括査定サイトごとで異なるため、公式Webサイトを確認してください。

たとえば、かんたん車査定ガイドの場合、以下の方法でキャンセル依頼をすることができます。(出張査定の予約をキャンセルする場合のみ、自分で業者に連絡する必要があります)

キャンセル方法の手順

かんたん車査定ガイドの「お問い合わせ」ページにアクセスしてください。ページ内に、PC・スマートフォン専用のお問い合わせフォームリンクがあるため、そちらのリンクを選択します。

キャンセル依頼と書かれた項目内に、以下の選択項目が表示されます。該当箇所にチェックを入れてください。

売却予定がなくなったため
売却先会社が決定したため
登録をした覚えがないのに電話連絡が来たため
登録をした覚えがないのにメール連絡が来たため
その他キャンセル希望

「その他キャンセル希望」を選択することは、避けた方が良いかもしれません。あとから何らかの折り返し連絡が入り、説明を求められる可能性があるため、「売却予定がなくなったため」または「売却先会社が決定したため」あたりが無難だといえます。

なお、メール連絡のみ希望することもできるため、必要に応じてチェックを入れましょう。最後に、一括査定サイト申し込み時に申告した以下の情報を入力し、入力確認画面へ進みます。

名前
電話番号
メールアドレス
サイトご利用日

確認画面の内容に不備がなければ、キャンセル申し込み完了となります。

事前にしつこい営業電話を防ぐ方法はあるの?

前項で、キャンセル依頼ができる車一括査定サイトについてご紹介しましたが、事前にしつこい営業電話を防ぐ方法も存在します。詳しくみていくことにしましょう。

カーセンサーを利用する

一括査定サイトの中で、カーセンサーだけがメール査定に対応しています。一部の業者からは電話が掛かってきてしまいますが、大幅に電話の件数を減らすことが可能です。

【関連】メールのみ(個人情報なし)で利用できる車一括査定サイトってあるの?匿名・電話なしの一括査定を調べてみた

ただし、普通に利用しただけでは、電話の件数を減らすことはできません。ちょっとした設定が必要となるため、以下でその方法について解説します

まずはカーセンサーのトップぺージへアクセスする

カーセンサーのトップページへアクセスすると、上図のような画面が表示されます。赤枠で囲った中にある必要事項を選択し、「申し込みスタート」ボタンを選択してください。

連絡希望時間帯の箇所に必要事項を入力する

次の画面に移動すると、左下に「任意項目:売却希望時期など、ご希望がある場合はこちらをクリック」と記載された箇所が表示されます。文字が小さいため、よく探してみてください。

「任意項目:売却希望時期など、ご希望がある場合はこちらをクリック」の項目を選択すると、以下の図のような画面が表示されます。

「連絡希望時間帯」の項目にある枠内に「メール連絡希望」と入力してください。あとは、車の情報などの必要事項を入力し、査定の申し込みをするだけです。

なお、カーセンサーの場合、査定を依頼する買取業者を選択することができます。たくさんの営業電話を避けたい場合は、3社ほどに絞って査定を依頼すると、より電話の件数を減らすことが可能です。

オークション形式の一括査定サイトを利用する

オークション形式の一括査定サイトは、「ユーカーパック」のみです。一括査定サイトとは、仕組みが異なっており、営業電話が掛かってくることはありません。基本的な利用方法は以下のとおりです。

査定を依頼する

ユーカーパックと提携しているガソリンスタンドに車を持ち込み、実車査定をしてもらいます。自宅近隣のガソリンスタンドを選択できるため、場所を事前に確認してください。

その際の査定結果は、ガソリンスタンドから直接ユーカーパックに送られます。

オークションが開始される

ユーカーパックには、全国約2,000カ所の買取業者などが登録しています。それらの業者が査定結果を見ながら、入札形式で値を付けていく仕組みです。

オークションの入札には期限が設けられており、期限が終了したら最も高値を付けた業者に売却することができます。

以上が基本的な利用方法です。ユーカーパックの場合、2016年に登場したばかりということもあって、ほとんどの大手買取業者は参加していません。

また、地域によって参加している買取業者に偏りがあるため、必ずしも高値で売れるわけではないようです。

ただし、査定を依頼したすべての業者に実車査定をしてもらうわけではありませんし、業者と直接やり取りすることはなく、接触するタイミングは車を引き渡すときだけです。

その他は、すべてユーカーパック経由となるため、車一括査定サイトのように電話がしつこいくらい掛かってくることはないのです。

どちらかというと、首都圏や都市部に住んでいる人向けのサービスですが、利用を検討してみる価値はあります。

ページトップへ戻る