車査定マニュアル

トップ > 車査定の基礎知識 > 車を売るまでの流れ「査定~売却」| 車査定の手続きと必要書類を徹底解説

車を売るまでの流れ「査定~売却」| 車査定の手続きと必要書類を徹底解説

初めて車を売却する場合、一体何から手を付けてよいのか分からないものです。愛車を高く売却したい場合、車を売るまでの流れが分かっていないと、あとからトラブルに巻き込まれたり、安く買い叩かれてしまうことになりかねません。

そこで本記事では、査定から売却までの流れについて取り上げながら、査定時に必要となる手続き、必要書類の内容、売却するまでにかかる期間、少しでも高く売るために気をつけたいことなど、詳しく解説していきます。

車を売却するときの流れについて

近年は、車を売却する方法が複数に亘ります。この項では、車を売却するときの一連の流れについて、詳しく解説してくことにしましょう。

どのような方法で車を売却するか決める

まずは、どこに愛車を売却するのか決めましょう。主な方法は、以下の4つです。

中古車買取業者に売却する

できるだけ車を高く売却したいなら、中古車買取業者が最適だといえます。なぜなら、中古車市場やオートオークションの相場を参考にし、他の買取業者と競争しながら値を付ける傾向にあるからです。

ディーラーの下取りよりも高値がつく傾向にあるため、最低3社から4社に査定を依頼し、査定額を競合させるようにしましょう。ただし、買取業者の件数が多いことから、どの業者に売却するか迷ってしまうことがあります。その点が少々ネックだといえそうです。

ディーラーに下取りしてもらう

新車を購入するお店が決まっており、高値で愛車を売却しなくてもよいのであれば、ディーラー下取りが向いています。買取業者とは異なり、下取りしてもらった車の下取り額は、そのまま新車の頭金となる仕組みです。

愛車の売却手続き、新車の購入手続きを1箇所で済ませることができる点が、最大のメリットだといえます。

【参考】車をディーラーで下取りしてもらうメリット・デメリット

個人売買

業者を介すことなく、個人間で売買する方法です。オークション代行業者に依頼したり、ヤフーオークションなどに出品したり、家族や友人、知人に売却するなどいくつか手段があります。

①、②よりも高値で売却できる可能性はありますが、デメリットの方が多いため注意が必要です。たとえば、整備不良、料金未払い、契約不備などが挙げられます。

一括査定サイトを利用する

一括査定サイトとは、一括で買取業者に査定を依頼することができるWebサービスのことです。最も高値を提示した買取業者に売却することができます。自ら買取業者を探す手間や時間を省きたい場合は有効活用しましょう。

以上が車を売る方法の決め方でした。このあとの流れは、車を売却する方法によって若干異なりますが、基本的にはほぼ同じと考えて問題ありません。

【関連】車一括査定を利用する際の注意点とメリット、デメリットを徹底解説

なお「ステップ2」以降は、買取店に売却する場合を想定し詳しく解説していきます。また、一括査定サイトを利用して車を売却する流れに関しては、最後の項でお伝えしますので、そちらを参考にしてください。

どこに車を売却するか決める

どのようにして車を売るか決めたら、次はどこに車の査定を依頼して売却するか方法を決めましょう。ディーラーの下取りや個人売買の場合、売却先にそれほど悩むことはありませんが、買取業者に売却する際は悩むものです。

最適な売却先を見つけるためには、以下の2つのポイントを押さえるようにしてください。なお、売却先の候補は、3社から4社ピックアップしてください。その方が、愛車の平均相場が分かりますし、査定額を競合させることができます。

口コミや評判を確認する

初めて車を売却するのであれば、大手や中規模の名の知れた買取業者を選択しましょう。その上で、ネットで口コミや評判を検索してみることをお勧めします。

全ての口コミを信じる必要はありませんが、あまりにも悪い口コミが多い場合、避けた方が無難です。また、口コミや評判が書き込まれた年月日もチェックしてください。あまりにも古い情報は、参考にならないため気をつけましょう。

「JADRI」加盟業者か確認する

「日本自動車流通研究所(JADRI)」とは、車の買取業界の健全化を図るために設立された団体のことです。厳しい審査に通過した買取業者しか、加盟できない仕組みとなっています。

JADRIのWebサイトをチェックすると、加盟している買取業者が公開されていますので、一通り目を通しておくようにしましょう。JADRIに加盟していなくても、優良な業者は存在しますが、JADRIに加盟している業者に査定を依頼した方が間違いないといえます。

実車査定を行い査定額を競合させる

売却先を決めたら、次は車を査定してもらう流れとなります。持ち込み査定、出張査定の2パターンに分かれますが、お勧めは出張査定です。出張査定だと、自分のペースで交渉を進めることができるため安心です。

持ち込み査定の場合、営業マンの商談のペースにのまれやすいというデメリットがあります。ですから、できるだけ出張査定を利用してください。

なお、出張査定では査定時に立ち会うことになるため、余裕を持ってスケジュールを調整しておきましょう。査定が終わったらその場で交渉をするのではなく、査定を依頼した全ての業者の査定額が揃うまで待ってください。

査定額が揃ったあとの交渉方法(競合させる方法)は、以下のとおりです。

査定額が高い3社に絞る
査定額が低かった業者に連絡し、一番査定額が高かった業者の金額を伝える
一番査定額が高かった業者の金額を超えた場合、一旦話を保留にする
二番目に査定額が高かった業者に連絡し、一番査定額が高かった業者の金額を伝える
一番査定額が高かった業者の金額を超えた場合、一旦話を保留にする
一番査定額が高かった業者に連絡し、その時点で最も査定額が高い業者の金額を伝える
最終的に2社を競合させて高値を付けた業者に売却する

何度もやり取りすることを防止するため、交渉時に査定額を再提示してもらう際は「これ以上交渉はしません」と伝えてください。

また、査定額には有効期限があり、買取業者ごとで3日から1週間前後と開きがあります。実車査定後に査定額が提示された際は、有効期限を確認しておきましょう。

契約手続きを行い車を引き渡す

売却先が決まったら、契約手続きを行います。普通車と軽自動車では、必要となる書類に若干違いがあるため概要を以下にまとめました。

書類 普通自動車 軽自動車
自動車検査証
印鑑登録証明書
-
自賠責保険証明書
自動車納税証明書
-
軽自動車納税証明書
-
実印
-
印鑑(認印も可)
-
リサイクル券(預託済みの場合)

車検証に記載されている住所と、印鑑証明書に記載されている住所が異なる場合、別途書類が必要です。

引っ越しなどで住所が1回変わっている場合:住民票
何度も住所が変わっている場合:戸籍の附票または住民票の除票

また、結婚を機に姓が変わった場合は、戸籍謄本が必要となります。

書類を紛失した際の対処法

書類を紛失した場合、以下の方法で再発行が可能です。

書類 再発行方法
自動車検査証 普通車の場合、陸運支局または自動車検査登録事務所で手続きを行います。
本人確認書類、印鑑、手数料300円が必要です。
軽自動車の場合、軽自動車検査協会で手続きを行います。
印鑑、手数料300円が必要です。
自賠責保険証明書 契約している保険会社に再発行を依頼します。
保険会社が分からない場合、車を購入した販売店に相談してみましょう。
再発行には1週間ほど時間が掛かるため、早めに対応してください。
自動車納税証明書 普通車の場合、陸運局や自動車税を納税した都道府県の税事務所、軽自動車は市区町村役場で手続きを行います。
車検証、本人確認書類、印鑑が必要です。
軽自動車納税証明書 軽自動車の場合、税金を納めた市区町村役場で再発行が可能です。
車検証、本人確認書類、印鑑が必要です。
リサイクル券
(預託済みの場合)
自動車リサイクルシステムのWebサイト上にある「自動車ユーザー向け/リサイクル料金検索」に必要事項を入力し、「自動車リサイクル料金の預託状況」のページを開きます。
その画面の内容が証明書の代わりとなるため、プリントアウトして提出するだけです。

必要書類を提出したら、あとは約束の日に車を引き渡すだけとなります。

入金日に口座を確認する

売却金は、車を引き渡した当日に支払われることはありません。たとえば大手の買取業者の場合、以下の通りとなっています。

買取業者 入金期間
ガリバー 3日~4日
ビッグモーター 2日~3日
アップル 3日~1週間
カーセブン 3営業日以内
契約金の一部を当日中に前払い
5万円を上限に契約金額の10%
カーチス 1週間程度
ラビット 1週間程度

このように、買取業者ごとで異なるため、契約する段階で確認しておくようにしましょう。また、カーセブンのように、現金での支払いに対応しているケースもありますが、ほとんどは銀行振り込みです。

万が一、振り込みがなかった際は、買取業者に連絡をして入金日や入金方法について確認をしてください。また、「あとから確認したところ、不具合が見つかったため減額したい」といった申し出があった場合、減額に応じる必要はありません。

すぐに国民生活センターやJPUC車売却消費者相談室に相談をしましょう。

車を売却した際の入金日については、「車を売却したのに入金されないことってあるの? - 車を売ってから入金(振込)までの日数は?」で詳しく解説していますのでご覧ください。

車を売却するまでにどれくらいの期間(日数)が掛かるの?

車を売却するまでに掛かる期間は、おおよそ1週間から2週間ほどです。必要書類をすべて揃えて、査定日当日に売買契約を締結した場合は、3日ほどで入金までの全ての手続きが完了することもあります。

また、契約がスムーズに進んだとしても、名義変更手続きや書類不備などで時間が掛かった際は、1ヶ月近く掛かることもあるようです。

契約を締結する前に、売却するまでに掛かるトータルの期間について確認しておきましょう。

愛車を少しでも高く売るために気をつけたい5つのこと

愛車をできるだけ高く売るためには、最低5つのことに気を付けておく必要があります。以下に概要をまとめましたので、参考にしてください。

整備記録簿・保証書・取扱説明書の紛失

整備記録簿・保証書・取扱説明書は、すべて揃っていると査定時に10点加点されます。逆に、紛失してしまった場合、以下の基準に沿って減点されてしまうため注意が必要です。

車両クラス 1年~5年 6年~
保証書・整備手帳
特・Ⅰ・Ⅱ
40
30
Ⅲ・Ⅳ・軽
20
10
取扱説明書の場合
特・Ⅰ・Ⅱ
5
Ⅲ・Ⅳ・軽
5

参照:一般財団法人日本自動車査定協会

査定前に洗車や清掃を済ませておく

洗車や車内清掃は、査定額が大幅にアップする要素ではありませんが、あまりにも汚いと減額される可能性があります。見た目の印象が良くなる程度で構いませんので、洗車や清掃を済ませてから査定に出すようにしましょう。

純正オプションや装備品などを揃えておく

カーナビやパーツ、ホイール、スペアキーなどは、すべて揃えておくようにしましょう。特に純正オプションは中古車市場で人気が高いため、紛失してしまうと減額の対象となります。なお、社外品を取り付けている場合、純正品と交換すると費用が掛かってしまうものです。

自ら交換できる場合は問題ありませんが、交換が難しいときは査定時に純正品を持ち込むようにしてください。

必ず査定額を競合させる

買取業者は、少しでも安く車を買取って高値で売却したいと考えています。そのため、3社から4社に査定を依頼して査定額を競合させないと、査定額をアップさせることは困難です。

愛車の相場価格を調べてから査定に出す

買取業者に安く買い叩かれないためには、前もって愛車の相場を把握しておくことが重要です。実際のところ、査定に出してみないことには正確な相場は分かりませんが、全く何も知らずに査定に出してしまうと安く買い叩かれることがあります。

たとえばgoo買取やカーセンサーなど、いくつかのサイトを活用して、愛車と似たような条件の車を探しながら相場価格をチェックしておきましょう。

車を高く売りたいなら一括査定がおすすめ!

これまで解説してきたとおり、車を高く売却したいのであれば、買取業者に査定を依頼し買取額を競合させることがポイントとなります。とはいえ、自力で複数の買取業者を探すことは時間と労力が必要です。

そのようなときに便利なのが、一括査定だといえます。要望に合った買取業者が見つかりやすいため、有効活用しましょう。複数の一括査定サイトがありますが、基本的な利用方法は同じです。

一括査定サイト利用時の主な流れ
①申込みフォームに愛車の情報と自分の連絡先を入力する
②複数の買取業者がピックアップされるため、3社から4社を選択する
③査定を依頼した買取業者から連絡が入る(査定日時を決める)
④実車査定を行う
⑤査定額を比較し査定額アップの交渉を進める
⑥車を売却する

実車査定の時間は1社あたり1時間前後ですので、スケジュールを調整して素早く交渉を進めると、高値を引き出しやすくなります。

ページトップへ戻る