車査定マニュアル

トップ > 車査定時の評価 > 車査定時にペットの臭いや毛は減点対象になる?

車査定時にペットの臭いや毛は減点対象になる?

犬や猫を飼っており、休日に一緒に車でお出掛けする機会が多い場合、ペットの抜け毛、臭いが車内に残ってしまうことがあります。その場合、車の査定時に減点されることがあるため注意が必要です。具体的に、どのくらい減点されてしまうものなのでしょうか。

そこで本記事では、ペットの臭いや毛が査定額に与える影響について取り上げながら、車の査定の評価基準、査定額が減額されてしまう要因、査定でマイナスにならない車のペット対策など、詳しく解説していきます。

車の査定の時にペットの匂い・毛が残っている場合は減点対象!

犬や猫など、飼っているペットを車に乗せて外出する機会が多い場合、匂いや毛が車内に残ってしまいがちです。

車の査定基準を定めている「日本自動車査定協会(以下JAAI)」では、ペットの匂い、毛が車内にある場合、マイナス査定の対象としています。そもそも、なぜマイナス要因となってしまうのでしょうか。事項で詳しく見ていくことにしましょう。

【関連】車査定でマイナス評価になる項目とは?減点(減額)になる条件を解説

ペットによるマイナス査定の要因について

まずは、JAAIの査定基準から詳しく見ていくことにします。以下の表をご覧ください。

状態 減点
異臭(タバコ、ペット、芳香剤等)があるもの
40
ペット等の毛が付着しているもの
40

参照:日本自動車査定協会公式Webサイト

ペットによる臭いのみの場合はマイナス40点、毛が付着している場合はマイナス40点です。もしも、臭いと毛の両方が該当する場合、マイナス80点となります。

1点あたり1,000円換算で計算されるケースが多いため、約4万円から8万円ほど査定額から減額されてしまうのです。

なぜ、これほどまでにマイナス評価となってしまうのでしょうか。主な理由は以下の3つとなります。

簡潔にいうと、買い取った車を再販する際、売れにくい傾向にあるためマイナス査定となってしまうことが多いのです。

また、再販した車を購入した次のオーナーがペットアレルギーだった場合、ぜんそくなどのアレルギー症状を起こして、大きなトラブルになってしまう可能性があります。

つまり、次の買手が限定されることから、在庫リスクが高く再販しづらい傾向にあるのです。このような事情から、前述したマイナス評価項目に該当する場合は、査定額から減額されてしまいます。

ペットの匂いと査定額の関係とは?

ペットと一緒に生活をしていると、多少匂いがしても気がつかないものです。しかし、ペットを飼っていない人は、すぐに気づくことがあります。

定期的にペットをお風呂に入れたり、毛のお手入れをするなどケアをしていれば、ほとんど臭わないものですが、それでも多少は車に匂いが残ってしまいがちです。

これは、タバコの臭いの場合も同様だといえます。タバコを吸っている本人、一緒に生活をしている家族はそれほど気づかないものですが、全くタバコを吸わない人は、敏感に臭いを感じてしまいがちです。

【関連】喫煙車は査定額に影響します - 喫煙車と禁煙車では10万円以上の差がつくケースも!

日頃から消臭対策をしていても、エアコンに臭いが残ってしまい、完全に消臭することができないケースは珍しくありません。そうなると、どうしても次の買手が見つかりづらいことから、マイナス評価となってしまうのです。

査定でマイナス評価にならない車のペット対策3つ!

車の査定時にペット要因でマイナス評価にならないためには、事前にペット対策を講じておくことが重要です。この項では、3つのポイントを取り上げながら、詳しく見ていくことにしましょう。

ペットの抜け毛防止と正しい掃除の方法について

ペットの抜け毛防止としては、以下の3つの方法が有効です。

シートカバーを使う
ゲージを使う、またはペットに洋服を着せる
ブラッシングをしてからペットを車に乗せる

上記の①と②は、ペットショップやペット用品店などで購入できます。ペットの毛が直接シート、マット、天井に付着しないように気を付けることで、マイナス査定を避けることが可能です。

続いて掃除方法についてですが、掃除機やコロコロを使ってもなかなか毛が取れないケースが大半となります。それでも、一通り取り除くようにしましょう。

その上で、さらに綺麗にする必要がある場合は、車内クリーニングを活用することになります。日頃から抜け毛に気を付けておけば、クリーニングを利用する必要はありませんが、かなり目立つときは検討してください。

ただし、自己判断で車内クリーニングをしてしまうことは避けましょう。費用を掛けても、それほど査定額が変わらないことがあるからです。

クリーニング費用の見積もりを出してもらってから、査定時にどのくらい減額されるのか確認し、クリーニングをするメリットがある場合のみ利用することをお勧めします。

【関連】車査定前に洗車や車内清掃をすると査定額はアップする?

ペットの臭い防止とかんたんな消臭方法

ペットの臭い防止方法としては、以下の方法が有効です。

シートカバー、フロアマットを定期的に交換、または洗濯する
エアコンフィルターを定期的に交換、またはエアコン内を洗浄する
オゾン脱臭を利用する
無香料の消臭剤を日頃から使用する
ドライブ防水シートを使用する

ペットの臭いが残ってしまう主な原因は、シート、マット、エアコンにあります。そのため、臭いの元となる箇所をシートで覆ったり、こまめにエアコンを洗浄したり、脱臭することがポイントとなります。

続いて消臭方法についてですが、自分で掃除をするのであれば、重曹を水に溶かしたものを吹きかけながら、綺麗な雑巾で拭き取っていく方法が一つです。

それでも臭いが消えない場合、消臭剤を使用するのではなく、オゾン脱臭を行った方が効果があります。ディーラーやガソリンスタンド、カー用品店などで行うことができるため、費用を確認した上で試してみましょう。

車の大きさによって費用は異なりますが、軽自動車であれば3,000円前後、アルファードなどの大きな車であれば5,000円前後です。

それから、エアコンの清掃も忘れずに行いましょう。エアコンフィルターの交換、洗浄はトータルで1万円前後掛かるため、まずは見積もりを出してもらうことをお勧めします。

その後、実際に車を査定に出して減額される金額を確認し、フィルター交換や洗浄をした方が得をするようであれば依頼するようにしてください。

ペットによる内装の傷防止と補修方法について

ペットによる内装の傷を防止するためには、以下の方法が有効です。

シートカバーを使用する
カープロテクターを使用する
ペット用のゲージを使用する

カープロテクターとは、車のドアの内側に取り付けるシートのことです。爪などによる傷を防ぐことができるため、防止方法として適しています。

続いて補修方法についてですが、基本的に「1cm未満の爪が引っ掛からない傷」であれば減点対象とはなりません。傷が付いている箇所が多かったり、傷の範囲が広かったり、爪が引っ掛かるような傷がついていない限り、補修の必要はないのです。

カー用品店などで補修用のグッズは販売されていますが、自分で補修することで更に減点される可能性があるため、まずはそのまま査定に出してどのくらい減額されるか先に確認しましょう。

その上であまり減額されないようであれば、そのまま査定に出しが方が良いこともあります。

なお、そもそも車の査定額が低すぎるときは、そこまで丁寧に掃除をする必要はありません。たとえば、年式10年落ち、走行距離10万km超えなどの場合、査定額がかなり低くなることから、費用をかけて掃除をしても損をするケースが大半です。

【関連】走行距離10万キロ以上の車は査定額がゼロになるって本当?

【関連】10年落ちの車でも売ることは可能?低年式車の売却について

つまるところ、愛車の市場価値やコンディションによって査定額は変動するため、どこまで綺麗にするかは査定額次第だといえます。

もちろん、一通り掃除をしてから査定に出すことをお勧めしますが、査定額を確認してから掃除のために費用を掛けるかどうか決めましょう。

また、海外輸出を得意とする買取業者に売却するのであれば、多少臭いや汚れが残っていても他社より高く買い取ってもらえることがあるようです。

そのため、3社ほどの買取業者に査定を依頼し、愛車を高く評価してくれるところに売却することも重要なポイントとなります。

【参考】車の査定は何社に依頼するのがベスト?3~4社を競合させると効果絶大!!

ページトップへ戻る