車査定マニュアル

トップ > 車の査定額を上げるコツ > 車査定で営業マンのセールストークに騙されないための対処法とトーク事例を解説

車査定で営業マンのセールストークに騙されないための対処法とトーク事例を解説

車を査定に出した際、営業マンが巧みな話術で契約を迫ってくることがあります。愛車を高く売却したいのであれば、事前にどのような営業トークがあるのか把握し、対処法を理解しておくことが重要です。

そこで今回は、車査定におけるセールストークの対処法、トーク事例について取り上げながら、車買取査定で騙されてしまう人の特徴、セールストークの注意点、営業トークに騙されないための対処法など詳しく解説していきます。

車の査定買取で騙されてしまう人の3つの特徴

車の査定でできるだけ高値を引き出したいのであれば、営業マンのセールストークに騙されてはいけません。この項では、騙されてしまう人の特徴について、詳しく見ていくことにします。

愛車の相場を把握しないまま査定に出してしまう

インターネット上には、気軽に車の相場を調べることができるシミュレーションサイトがいくつかあります。

【関連】今すぐできる!車査定のシミュレーションで概算価格(参考価格)を調べる方法

実際の査定額とはやや異なりますが、一般的な相場を把握しないまま査定に出してしまうと、提示された査定額が妥当な金額なのか比較することができません。そのため、営業マンのセールストークによって騙されてしまうことがあるのです。

1社だけで即決してしまう

最初に提示される査定額は、実際の相場よりも低めの金額となります。なぜなら、車買取業者は、できるだけ安く車を買い取って、高く売却することで利益を上げたいからです。

また、査定の基準はどの買取業者も同じですが、車種ごとの基本価格はやや異なります。それだけでなく、査定士や店舗の違いによって評価の仕方も違うものです。そのため、複数の店舗に査定を依頼しないことには、愛車の正確な相場は分かりません。

にもかかわらず、1社だけに査定を依頼して即決してしまうと、相場よりもかなり安く買い叩かれてしまいがちです。また、買取店に自ら車を持ち込んで査定を依頼する人がいますが、このような場合も即決してしまうケースが多いといえます。

複数の業者を競合させて、できるだけ高値で売却したいのであれば出張査定を利用しましょう。

【参考】車買取査定で即決はダメ!その理由と即決を迫られた時の対処法

営業マンのセールストークを鵜呑みにしてしまう

先に述べたとおり、車査定の際、営業マンはできるだけ安く買い取りたいと考えているため、契約を促してきます。具体的な内容に関しては、このあとの項で詳しく触れますが、営業マンのトークを鵜呑みにすると、高値で売却することはできません。

よくあるセールストークの内容を事前に把握しておき、最大限に値を吊り上げた上で車を売却するようにしましょう。

買取業者のセールストークに注意するための3つのポイント

買取業者のセールストークに注意するためには、以下の3つのポイントを押さえておく必要があります。

売却する日を決めた上で即決しないことを伝えておく

売却する日を明確にしておかないと、「車を売る気がない」と判断されて、低めの査定額を提示されてしまいます。そのため、必ず「いつ頃売却するのか」を伝えた上で、「即決はしない」と釘をさしておくことが重要です。

もしくは、「最も高く買い取ってもらえるお店に売ります」と伝える方法も有効だといえます。そうすることで、買取業者としても営業トークで契約を迫ることが難しくなりますし、焦って売ってしまうような事態を防ぐことが可能です。

契約の決定権がないことを伝えておく

営業マンが契約を迫ってきた場合、「決定権は自分にあるけど、念のためうちの(夫・妻・家族)に相談しないとだめだから、今すぐは契約できないんだよね」などといって、即決を回避することがポイントとなります。

ようするに、自分に契約の決定権はあるものの、自分だけで決めることはできない旨を伝えておけばよいのです。そうすることで、しつこく契約を迫ってきたとしても、「それなら仕方ない」といったように、それ以上即決を迫ってくることはありません。

可能な限り一人で対応しない

特に車に詳しくない女性の場合、「このお客さんは車のことは何も知らない」と判断されて、安値で買い叩かれてしまうことがあります。そのため、車に詳しい人に助けてもらうか、家族や友人などと一緒に交渉するようにしましょう。

もしも誰かと一緒に交渉することが難しい場合は、最低3社の査定額が出るまで待ち、競合させてから契約先を決めることをお勧めします。

「上司に言われている」「うちではこの買取額までしか出せない」などと言われても、「他に売却するのでいいです」と断ってしまって問題ありません。

車査定でよくある5つの営業トーク

この項では、実際によく使われる営業トークについて、詳しく見ていくことにします。査定を受ける前に押さえておくことで、安値で買い叩かれることを回避しやすくなるため、ぜひ参考にしてください。

今すぐ売ってもらえるなら○○万円で買い取ります

「今すぐ売ってもらえるなら」という営業トークは、即決を促す際によく使われます。ここで押さえておきたいのは、2日から3日で相場は変わらないということです。

そもそも、査定額には有効期限が設けられており、買取業者ごとで異なるものの、3日から7日程度であれば、同じ買取額で買い取ってもらえるケースが大半となります。

【関連】車の査定額の有効期限・期間は、最短で当日、最長でも2週間程度

ようするに、買取業者の都合で「今だけの価格」を提示しているに過ぎません。また、契約を渋った場合、「とりあえず契約しますか?」「とりあえず車を預かりますか?」などと言われることもありますが、口頭で約束しただけであっても契約は契約です。

売却先をはっきりと決めていないのであれば、すぐに契約をする意思はないことを伝える必要があります。

上司または本部に確認してきます

「本当はもう限界なのですが、上司または本部に掛け合ってみます」といった営業トークもよく使われます。前述したとおり、買取業者は初めから高値を提示することはないため、査定上限額までは余裕があることがほとんどです。

ようするに、上司または本部に掛け合ってみるといっても、それは想定内の対応だといえます。このような営業トークがあった場合、まだ買取額の限界に達していないと考えて問題ありません。

なお、ひとつ注意したいのは、「もし○万円アップしたら契約しますか?契約してもらえるなら上司に掛け合ってきます」などと言われた場合の対処法についてです。その際に提示された金額に納得ができるのであれば、「はい」と返事をして問題はありません。

しかし、もう少し検討したいのであれば、はっきり断る必要があります。曖昧な返答をしてしまうと、益々断りづらくなり即決せざるを得なくなるため注意が必要です。

車検期限が近いので査定額は下がります

そもそも、車検期限が短いからといってマイナス査定となることはありません。参考までに、一般財団法人日本自動車査定が定めている車検の査定基準の一部をご覧ください。

クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
0
0
0
3
5
7
9
11
13
15
17
20
0
0
0
3
5
7
9
11
13
15
17
19
Ⅱ・Ⅲ
0
0
0
2
4
5
7
8
8
12
13
16
0
0
0
2
4
5
7
8
8
12
13
15
0
0
0
1
1
2
2
3
3
5
6
7

参照:一般財団法人日本自動車査定 公式Webサイト

クラスとは、車のランクのようなものです。上記の表は車検期限1カ月から12カ月までの評価点数となります。1点あたり1,000円換算(買取業者ごとでやや異なる)です。

注目したいのは、どのような車であってもマイナス査定はないことだといえます。ようするに、「車検期限が近いので査定額は下がります」というセールストークは買取業者の都合であり、ただ単に安く車を買い取ろうとしているだけなのです。

【関連】車の売却は車検前と車検後どっちが得?そもそも車検切れでも車は売れるの?

この車を欲しがっている人がいるので売って欲しい

買取業者が買い取った車のほとんどは、オートオークションに出品されます。2018年現在、全国には116カ所オークション会場があるといわれており、1日平均2万台から3万台の車が出品されている状況です。

つまり、かなりの台数の中古車が毎日市場に出回っているといえます。これだけの台数が流通しているわけですから、同じ車種の似通った車で溢れているといっても過言ではありません。

そう考えると、よほど希少性の高い車ではない限り「この車を欲しがっている人がいる」という事態に遭遇する確率はかなり低いのです。

ですから、買取の交渉時に「ちょうどいいタイミングで車を欲しがっている人がいるので、すぐに契約してもらえれば高値で売れます!」と言われた場合、鵜呑みにせずに他社の査定額と比較しながら交渉を進めるようにしましょう。

ほとんど値がつかないので無料で引き取ります

たとえば、車の年式が10年を超えていたり、走行距離が10万kmを超えている場合、「値がつかないので無料で引き取る」と言われることがあります。しかし、全く値がつかないようなことはありません。

【関連】走行距離10万キロ以上の車は査定額がゼロになるって本当?

たとえば、リサイクルによって再利用できる部品、まだ使用できる装備品やパーツなどは、専門の買取業者に持ち込むと、数万円から数十万円で売却できることがあります。

また、近年は海外に輸出されるケースが多く、古い車であってもそれなりの価格で売却できることが少なくありません。

そのため、「無料で引き取る」と言われた時点で、リサイクル専門、パーツなどの部品買取専門、海外輸出専門、廃車買取専門の業者にも査定を依頼し、最も高い査定額を提示した業者に売却するようにしましょう。

買取業者の営業トークに騙されないための2つの対処法

これまでご紹介した買取業者の営業トークに騙されないようにするためには、対処法を抑えておくことが重要です。今回は、2つの対処法をご紹介しますので、参考にしてください。

車査定の概算価格が分かるシミュレーションサイトを使う

「車の査定買取で騙されてしまう人の3つの特徴」の項でも少し触れましたが、事前に愛車の相場を把握しておくと、営業トークによって騙されるリスクを軽減することができます。

具体的には、車査定の概算価格が分かるシミュレーションサイトを使うことになりますが、利用しやすいサイトは以下の表のとおりです。

買取相場サイト 必要情報
グー買取
メーカー,車種名、年式、グレード
カーセンサー
メーカー,車種名
車選び.com
メーカー,車種名
トヨタ下取り参考情報
メーカー,車種名、年式
日産下取り参考価格シミュレーション
メーカー,車種名、年式、グレード/仕様

上記のサイトは無料で利用できますし、個人情報を申告する必要はありません。あくまでも概算相場となりますが、参考データとして十分活用することができます。

ただし、トヨタと日産の下取り参考価格のサイトは下取り相場となっており、他のサイトよりも精度は低めです。表示された概算価格よりも、もう少し高く売れる可能性があると考えておいてください。

一括査定サイトを利用する

愛車の正確な相場を把握するためには、実際に査定に出してみるしかありません。その際、1社ずつ査定を依頼することは手間が掛かるため、一括査定サイトを活用しましょう。

愛車の情報や自分の連絡先を申告するだけで、最大10社ほどに実車査定を依頼することが可能です。

【参考】車一括査定を利用する際の注意点とメリット、デメリットを徹底解説

一括査定サイトに登録されている業者は、他社と比較されることを十分に理解しているため、交渉が苦手な方でも値を吊り上げやすいといえます。

ただし、これまで取り上げてきたとおり、様々な営業トークによって即決を迫られる可能性は十分にあるものです。注意をしながら、売却先を決めるようにしましょう。

ページトップへ戻る